「公務員の副業と懲戒処分」の記事一覧(2 / 4ページ目)

公務員はチケットの不正転売に手を出しては絶対ダメです!人生終わりかねません

公務員の副業と懲戒処分 公務員の物販ビジネス(せどり)
公務員はチケットの不正転売に手を出しては絶対ダメです!人生終わりかねません

公務員も、たまたま行けなくなったチケットを転売しても基本的には問題になりません。しかし、正規価格を超える価格で反復継続する意思をもって転売した場合は別です。チケット不正転売禁止法に抵触します。また、副業制限規定にかかることもありますから注意が必要です。

公務員がハンドメイド作品をメルカリ等フリマアプリで販売すると違法になるおそれが!参考事例あり!

公務員の副業と懲戒処分 公務員の物販ビジネス(せどり)
公務員がハンドメイド作品をメルカリ等フリマアプリで販売すると違法になるおそれが!

公務員が作品をメルカリ等フリマアプリで販売してしまうと、懲戒処分となるおそれがあります。小規模なものであっても懲戒処分となった事例があります。事前に許可等を得ればいいのですが、通常困難です。公務員には向いていないといわざるを得ません。

公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員の作家・執筆活動 公務員の副業と懲戒処分
公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員の副業は禁止といわれるほど制限されていますが、公務員であっても表現の自由は保障されています。公務員もnote(ノート)で作品を投稿・公開することはできますが、有料販売することはできません。営利目的の副業にしようとすれば懲戒処分になる覚悟が必要です。

公務員のストックフォト副業は違法で懲戒処分に!でも、ばれやすかったりばれにくかったり…。

公務員におすすめしない副業 公務員の副業と懲戒処分
公務員のストックフォト副業は違法で懲戒処分に!でも、ばれやすかったりばれにくかったり…。

公務員の副業にストックフォトはあまり向いてはいません。確かに十分な技術的を持っている公務員は多く、報酬を得ることはできるでしょう。しかし、ストックフォトから報酬を得ることは国家公務員法・地方公務員法に違反して懲戒処分の対象になることになります。

公務員がウーバーイーツ(Uber Eats)で副業は違法!懲戒処分の覚悟がありますか?

公務員におすすめしない副業 公務員の副業と懲戒処分
公務員がウーバーイーツ(Uber Eats)で副業は違法!懲戒処分の覚悟がありますか?

ウーバーイーツ(Uber Eats)は配達員の副業になる新しいビジネスモデル。副業としてのメリットは多いものの、公務員にとっては国家公務員法・地方公務員法に違反することになるので違法。身バレ・顔バレの危険があり懲戒処分の覚悟が必要なものです。

ページの先頭へ