公務員の副業解禁で福業に!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

公務員の副業解禁で副業を「福業」にする!おすすめの副業は株式投資・不動産投資・FX・アフィリエイト。具体的にはどうすれば?公務員は本当に副業禁止なのか?副業解禁はいつから?疑問だらけの公務員の副業を解説していきます。

「公務員」の記事一覧

公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員の副業は禁止といわれるほど制限されていますが、公務員であっても表現の自由は保障されています。公務員もnote(ノート)で作品を投稿・公開することはできますが、有料販売することはできません。営利目的の副業にしようとすれば懲戒処分になる覚悟が必要です。
公務員の電子書籍の出版は副業になる?本の執筆は許可が得られるという話だけど

公務員の電子書籍の出版は副業になる?本の執筆は許可が得られるという話だけど

公務員の電子書籍の出版は合法的することはほとんどできず、懲戒処分の対象となりえます。原稿料や印税に制限はあるものの、執筆した原稿を他人が電子書籍として出版することは可能です。しかし、形式的に他人名義にしただけだと脱法行為となることもあります。
地方公務員の副業解禁はおかしな方向に行っていませんか?

【2020年】地方公務員の副業解禁はおかしな方向に行っていませんか?

公務員の副業解禁が話題になった2018年以来、地方公務員の副業解禁はあまり進んでいません。むしろ副業解禁とは違った方向に環境が整備されつつあるようです。地方公務員に期待されるのは地域活動に参加することであり、このままの地域を維持することしか求められていないようです。
公務員が講師や講演、審判やコーチの謝礼を受け取るとどうなる

公務員が講師や講演、審判やコーチの謝礼を受け取ると規定上どうなる

公務員であっても、講師や講演、審判やコーチの謝礼は基本的には受け取って大丈夫です。ただし、社会通念上相当と認められる額を超えた金額を継続的または定期的に受け取る場合には許可必要です。無許可の場合には懲戒処分の対象になります。