「副業制限」タグの記事一覧

相続・遺贈なら公務員も副業で農業を続けられる

公務員におすすめの副業 公務員の農業
公務員が副業で家業の農業を続けるには?

公務員が家業の農業を継承して副業とすることは、相続・遺贈等によるものであれば、人事院の承認または任命権者の許可を得れば可能です。ただ、そのためには一定の基準に適合する必要があります。なお、承認または許可を得ないと懲戒処分の対象となることがあります。

公務員が副業で株式投資をしていることはばれない方がいい

公務員におすすめの副業 公務員の株式投資
公務員が副業で株式投資をしていることはばれない方がいい

公務員が株式投資をしても、副業制限にかかることはなくばれても原則問題ありません。ただし、ばれると事実上の問題が生じる場合があるので、株式投資について周囲に話さない、職場に持ち込まない、源泉徴収ありの特定口座を使う等、対策が必要です。

公務員の株式投資はばれないけれど制限はある

公務員におすすめの副業 公務員の株式投資
公務員の株式投資はばれないけれど制限はある

公務員が株式投資をすることに副業制限は及びません。また、周囲に話さない、職場に持ち込まない、源泉徴収ありの特定口座を使って確定申告をしない等によりばれないようにできます。ただし、職務専念義務等の公務員法上の制限や他の法律による制限等があります。

公務員が株式投資を副業にして稼ぐのは禁止か?

公務員におすすめの副業 公務員の株式投資
公務員が株式投資を副業にして稼ぐのは禁止か?

公務員には副業制限がありますが、株式投資は制限されません。いくつかの制限のうち最も問題になるのは職務専念義務違反との関係です。過去の懲戒処分も職務専念義務違反が問われました。公務員には勤務に及ぼす影響の少ないシステムトレード・自動売買が適しています。

公務員の物販ビジネス(せどり)は短期間なら稼げるが

公務員におすすめしない副業 公務員の物販ビジネス(せどり)
公務員の物販ビジネス(せどり)は短期間なら稼げるが

公務員は副業が制限されており、物販ビジネス(せどり)はばれれば懲戒処分の対象となります。公務員が物販ビジネス(せどり)に取り組む場合には、不用品の処分と同一視できる規模で、短期間限定で行い、その間に回収した資金で他の副業をはじめるべきです。

ページの先頭へ