公務員のおすすめ副業で福業!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

公務員の副業を「福業」にする!おすすめの副業は株式投資・不動産投資・FX・アフィリエイト。具体的にはどうすれば?公務員は本当に副業禁止なのか?副業解禁はいつから?疑問だらけの公務員の副業を解説していきます。

「職務専念義務」の記事一覧

公務員も治験参加して副業にできる…でも大きなリスクに注意しないと

公務員も治験ボランティアを副業にできる…でも大きなリスクに注意しないと

公務員であっても治験に参加し、負担軽減費等を受け取ることが合法的にできると考えられます。人によっては副業のように使うことも可能かもしれません。ただ、治験にはリスクがあります。健康上のリスクややりすぎは懲戒処分になるおそれがあることに注意が必要です。
公務員のデイトレードには強い意志が必要!自制心がないと懲戒処分も

公務員のデイトレードには強い意志が必要!自制心がないと懲戒処分も

公務員のデイトレードには強い意志が必要です。勤務時間中の取引等は絶対にしてはいけませんし、勤務時間外の取引等であっても、本業に支障を生じさせないように自制することが必要です。さもないと懲戒処分となることがあります。また損失が生じてもポジションを解消する意志の強さも必要です。
公務員の株式に関連する不祥事を調べました

公務員の株式関連の不祥事・違法行為を調べました

公務員の株式に関連する不祥事には、株式譲渡による贈収賄事件、インサイダー取引事件といった大きな事件や、勤務時間中に株式取引を繰り返していたような職務専念義務違反に対する懲戒処分の事例があります。特に後者は誰でも起こしかねないので注意が必要です。
公務員が勤務中に株式取引をしたら…懲戒免職になる?

公務員が株式投資のせいで懲戒処分?まさか首に…

公務員が株式投資をしていたせいで懲戒処分を受けるおそれがあります。ただし、懲戒処分の対象となるのは職務専念義務違反を理由とするものです。株式投資をすることは公務員の副業制限・副業禁止規定に抵触せず、問題ありません。また、職務専念義務違反の場合であっても、標準的には首、つまり懲戒免職にはなりません。