公務員の副業解禁で福業に!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

公務員の副業解禁で副業を「福業」にする!おすすめの副業は株式投資・不動産投資・FX・アフィリエイト。具体的にはどうすれば?公務員は本当に副業禁止なのか?副業解禁はいつから?疑問だらけの公務員の副業を解説していきます。

「公務員の不動産投資」の記事一覧

公務員が不動産投資でカモられないために必要なこと

公務員が不動産投資でカモられないために必要なこと【2022年版】

不動産投資は公務員の副業に向いています。しかし公務員が不動産投資をはじめれば必ずうまくいくかといえば、そうではありません。公務員が不動産投資でカモられることもあります。不動産投資でカモにならないためには、知識を身につけ、業者を使いこなしていくことが重要です。
公務員の副業にかかる税金は?確定申告では住民税も意識して

公務員の副業にかかる税金【2022年】確定申告では住民税も意識して

公務員の投資や資産運用は禁じられていませんし、違法でもありません。ただ、利益が出たり、逆に赤字になったりした場合には確定申告をしなければならないことがあります。また、職場に投資や資産運用を隠しておきたい方は住民税を普通徴収にすることにも注意が必要です。
家賃収入のある公務員の確定申告!事業規模なら住民税を普通徴収にすることも

家賃収入のある公務員の確定申告【2022年】事業規模なら住民税を普通徴収にすることも

家賃収入にかかる確定申告をする必要がある公務員は年20万円を超える利益を得た方と赤字による節税をしたい方です。職場に家賃収入がばれたくない方は、確定申告の際、住民税を普通徴収にする必要があります。特に事業規模で不動産賃貸をしてる場合には気をつけましょう。
公務員の不動産投資は確定申告を忘れずに!住民税を普通徴収にすることも

公務員の不動産投資は確定申告を忘れずに【2022年】住民税を普通徴収にすることも

不動産投資で確定申告する必要がある公務員は年20万円を超える利益を得た方、投資物件を売却して所得がある方と不動産投資の赤字による節税をしたい方です。職場に不動産投資をしていることがばれたくない方は、確定申告の際、住民税を普通徴収にする必要があります。
不動産投資は公務員に向いている副業

公務員が副業で不動産投資をしていることはばれない方がいい【2022年版】

公務員が不動産投資をしていても、適切かつ慎重に行動していれば、ほとんどばれることはありません。公務員の不動産投資がばれても問題になることは多くはありません。ただし、懲戒処分の対象となる場合もあるので、気を付けなければなりません。