公務員の副業解禁で福業に!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

公務員の副業解禁で副業を「福業」にする!おすすめの副業は株式投資・不動産投資・FX・アフィリエイト。具体的にはどうすれば?公務員は本当に副業禁止なのか?副業解禁はいつから?疑問だらけの公務員の副業を解説していきます。

「懲戒処分」の記事一覧

公務員もココナラで趣味を副業にできるけどばれれば懲戒処分

公務員もココナラで趣味を副業にできるけどばれれば懲戒処分

公務員がココナラに出品して対価を受け取ることは、自ら営利企業を営むことに該当し、人事院の承認または任命権者の許可を得ることもできないので、国家公務員法・地方公務員法に違反する行為です。趣味を副業にできますが、ばれれば懲戒処分の対象となります。
公務員のデイトレードには強い意志が必要!自制心がないと懲戒処分も

公務員のデイトレードには強い意志が必要!自制心がないと懲戒処分も

公務員のデイトレードには強い意志が必要です。勤務時間中の取引等は絶対にしてはいけませんし、勤務時間外の取引等であっても、本業に支障を生じさせないように自制することが必要です。さもないと懲戒処分となることがあります。また損失が生じてもポジションを解消する意志の強さも必要です。
公務員転売ヤーはばれると懲戒処分!違法になり逮捕もある危険な行為です

公務員転売ヤーはばれると懲戒処分!違法になり逮捕もある危険な行為です

公務員は転売ヤーになるべきではありません。公務員転売ヤーに合法的にはなれませんし、処罰や懲戒処分を受けるおそれも強いからです。転売ヤーは社会的に強い批判を受けており、同時に、公務員に公正さを求める声は強くなっています。ばれたときには重い処罰、懲戒処分になるおそれが強くなっています。
公務員がハンドメイド作品をメルカリ等フリマアプリで販売すると違法になるおそれが!

公務員がハンドメイド作品をメルカリ等フリマアプリで販売すると違法になるおそれが!参考事例あり!

公務員が作品をメルカリ等フリマアプリで販売してしまうと、懲戒処分となるおそれがあります。小規模なものであっても懲戒処分となった事例があります。事前に許可等を得ればいいのですが、通常困難です。公務員には向いていないといわざるを得ません。
公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員がnote(ノート)で副業をするのには懲戒処分の覚悟が必要

公務員の副業は禁止といわれるほど制限されていますが、公務員であっても表現の自由は保障されています。公務員もnote(ノート)で作品を投稿・公開することはできますが、有料販売することはできません。営利目的の副業にしようとすれば懲戒処分になる覚悟が必要です。