公務員の副業解禁で福業に!株・不動産投資・FX・アフィリエイト

公務員の副業解禁で副業を「福業」にする!おすすめの副業は株式投資・不動産投資・FX・アフィリエイト。具体的にはどうすれば?公務員は本当に副業禁止なのか?副業解禁はいつから?疑問だらけの公務員の副業を解説していきます。

「副業」の記事一覧

公務員の副業にかかる税金は?確定申告では住民税も意識して

公務員の副業にかかる税金【2021年】確定申告では住民税も意識して

公務員の投資や資産運用は禁じられていませんし、違法でもありません。ただ、利益が出たり、逆に赤字になったりした場合には確定申告をしなければならないことがあります。また、職場に投資や資産運用を隠しておきたい方は住民税を普通徴収にすることにも注意が必要です。
公務員がアンケートモニターで副業!マクロミルはばれる?

公務員がアンケートモニターで副業!マクロミルはばれる?

公務員がアンケートモニターになってほぼ大丈夫ですが、副業にしようとすると問題になることがあります。アンケートサイト等に登録して反復継続しようとすると、公務員の副業制限に違反し、懲戒処分となるおそれがあります。現実的な問題になることはほとんどないですが。
公務員がエキストラの謝礼を受け取って副業にできる?

公務員がエキストラの謝礼を受け取って副業にできる?

公務員がエキストラを副業にするのは極めて難しいことです。エキストラは報酬は低廉、出費が多く、副業向きではありません。また公務員が報酬を得てエキストラをするには、所属庁の長または任命権者の許可を得る必要がありますが、これを得るのは容易ではありません。
公務員もココナラで趣味を副業にできるけどばれれば懲戒処分

公務員もココナラで趣味を副業にできるけどばれれば懲戒処分

公務員がココナラに出品して対価を受け取ることは、自ら営利企業を営むことに該当し、人事院の承認または任命権者の許可を得ることもできないので、国家公務員法・地方公務員法に違反する行為です。趣味を副業にできますが、ばれれば懲戒処分の対象となります。
公務員も治験参加して副業にできる…でも大きなリスクに注意しないと

公務員も治験ボランティアを副業にできる…でも大きなリスクに注意しないと

公務員であっても治験に参加し、負担軽減費等を受け取ることが合法的にできると考えられます。人によっては副業のように使うことも可能かもしれません。ただ、治験にはリスクがあります。健康上のリスクややりすぎは懲戒処分になるおそれがあることに注意が必要です。